×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イタリアレストラン、ラベットラの予約が取りにくい理由

ラベットラは、落合務氏が経営するイタリアンレストランのお店の名前です。
落合シェフ、知ってますか?
イタリア大統領が授与する勲章で、イタリア文化の継続的発展に貢献した外国人に贈られる勲章に、イタリア連帯の星勲章(OSSI)という勲章がありますが、落合シェフはその勲章を2005年5月に受賞しています。
そんな落合さんも、スタートはイタリア料理ではなくフランス料理の勉強から始まっています。
ホテルニューオータニでの修業中に、フランス本国で基礎から本格的に学びたいと思うようになり、資金稼ぎのためにトップスというレストランへ移りました。そこは「グラナーダ」の初代オーナーだった桂洋二郎氏が経営していたお店で、初めてのフランス行きも彼の元から出発することになるという運命的な出会いとなりました。
フランスでは三ツ星レストランを食べ歩きながら旅をして、やがてポールポギューズの厨房で働きたいと思うようになった落合氏の頭の中は、フランスでの修行計画でいっぱいでした。
しかしながらやがて帰国の日が来て、途中、飛行機の都合で滞在せざるを得なかったイタリアの4日間に、落合氏の気持ちの中に将来を変えてしまう変化が起こりました。それは4日の間、毎日イタリア料理を食べ続けても飽きない自分に気づき、「食事とは本来そういうものだ」と得心した落合氏は、毎日食べても飽きない料理を作ろうと決意したのです。
ホテルニューオータニから始まり、イタリアでの修行のあと1981年に帰国、自分のレストランであるラベットラ・ダ・ オチアイを開店したのは1997年、40歳近くになってからでした。
しかしすでにグラナーダというお店をイタリア人の間で有名にしていた腕は、ラベットラもすぐにグルメの間で名が知られるようになりました。
ラベットラとはイタリア語で食堂・台所という意味ですから、イタリアの食堂・台所がお店の名前というわけです。
落合氏のシェフとしての心意気が伝わってくるようです。
ラベットラ、食堂といってもいわゆる日本語の食堂のイメージではなく、本場の味そのままを提供する姿勢を示す命名で、毎日食べても起きないというその運営方針の通り、イタリア政府観光局の人の来店から口コミでイタリア人の間で広まってゆきました。本場の味そのままを提供するラベットラですから在日イタリア人をはじめとして、イタリア大使館員、イタリアからの観光客などが利用するのは当然のことかもしれません。
イタリア料理店では、六本木ヒルズのレスタジ(前のサドレルです)、銀座三越裏の(ディオパードレ) DIO PADREなども人気店ですし、恵比寿のラ・ビスボッチャは、イタリア国外における"イタリア政府公認 レストランに選ばれたお店などもありますが、ラベットラはそれらのお店と並ぶ人気レストランなのです。
ラベットラの店舗は東京に3つ、名古屋に1つあり、4店舗とも人気の高い予約必須のお店となっています。ここでは予約のご参考までに、落合さんが経営する銀座3店舗と名古屋1店舗を、メニューも含めて紹介します。

ラベットラ銀座の2つ、OchiaiとBIS

ラベットラ落合、LA BETTOLA da Ochiai、ラベットラ・ダ・オチアイ
住所は東京都中央区銀座1-21-2で、予約は03-3567-5656 休日は日曜と第1・3月曜日。
営業時間は、ランチ:11:30〜14:00、ディナー:18:30〜22:00(土・日は18:00〜21:30)
予約時に個室、禁煙の指定ができます。
本場の味のイタリア料理が、リーズナブルな価格で提供されています。銀座から近くデートにも恰好の雰囲気です。
イベント時にはスペシャルメニューも用意されたり季節の趣向が凝らされているので予約が取りにくく、プランに入れる時には早めに確認しましょう、
ラベットラ落合のランチコースもディナーも、価格が適切で良い雰囲気の中十分満足できるお食事が楽しめます。
ランチ:1,260円でパスタとブルスケッタアラケッタ。1,890円で前菜とパスタ。2,940円で前菜、メインとパスタ。
ディナー:3,990円で前菜、パスタとメインのコースで、追加オーダーもできます。
メニューの中から各1品選べます。
定番メニューのご紹介
1.バジリコ入りトマトソーススパゲティ
2.スモークサーモン・エリンギ・ほうれん草と生クリームスパゲティ
3.新鮮なうにのスパゲティ
4.からすみのスパゲティ
5.魚介入りトマトソーススパゲティ
6.娼婦風スパゲティ
7.海老、ホタテ、イカのバジリコ風味ラグーソース
8.小桂のスパゲティ(アーリオオーリオ、トマト)
9.にんにくと唐辛子のスパゲティ
10.かにのリングイネ
11.ジェノバ風ペースト(にんにく、バジリコ、松の実入り)
12.帆立貝とフレッシュトマトのスパゲティ
13.ブカティーニ、アマトリチャーナソース
14.ゴルゴンゾーラチーズ、又は辛いトマトソースのペンネ
15.牛ホホ肉赤ワインソースのリガトーニ
16.カルボナーラスパゲティ
17.ポルチーニ茸のタリオリーニ
おすすめメニューには
18.いわしのトマトソーススパゲティ
19.あさりのスパゲティ
20.ずわいがにとあじさいねぎとからすみ入りアーリオオーリオスパゲティ
21.生ハムとカチョカバッロチーズ、トマトソーススパゲティプーリア風
22.揚げジャコのせ、アンチョビ、イカ入りカリフラワーソーススパゲティ
23.鶏白レバームーススパゲティ
24.自家製ソーセージとポルチーニ茸のスパゲティ
25.生ハムとグリンピースとマッシュルーム入り生クリームソース スパゲティ又はフェットチーネ
26.ポルチーニ茸のリゾット
27.四種のチーズのリゾット
がありますが、季節によって変動があります。
ラベットラビス、LA BETTORA BIS、ラベットラ・ビス
住所は東京都中央区銀座1-27-8で、予約は03-3567-5657 休日は日曜日と第1・3月曜日。
営業時間は、ランチ:11:30〜14:30、ディナー:18:30〜22:00(土・日は18:00〜21:30)
ランチ:1,050円でパスタ、フォカッチャと食後の飲み物(平日だけです)。2,100円で前菜、パスタ、2,940円で前菜、フォカッチャと食後の飲み物。
ディナー:3,360円で前菜、パスタ料理の中からお好みで3皿選びます。
地下鉄新富町駅から歩いて5分くらいです。
ラベットラビスの「bis」とはイタリア語でくりかえし、おかわり!という意味です。
ラベットラ落合の半分くらいの席数です。ランチはお店での受付けもできるので、店先の予約ボードには朝から名前を書く人もいるくらいです。
ディナーは季節や日替わりのおすすめメニューも含んで、前菜20種類、パスタ30種類、リゾットから3品を選ぶスタイルで、3,360円均一です。前菜の約20種類は充実していますし、フリットもあり、パスタのあとにメインにすることもできます。選び方は自分次第というところが自由でうれしいところです。
落合さんはパスタから3つ選んでもOKとおっしゃっているのでいろいろ組み合わせが楽しめます。ということは、うにのスパゲッティ、かにのリングイネなど、「ラ・ベットラ」の定番パスタを両方選ぶこともできるのです。
パスタといっても、ラベットラ落合のパスタとは違えています。
ラベットラ落合ではバリラ、ラベットラビスではディチェゴです。同じパスタのメニューでも細部に変化を持たせているのはさすがですね。近い距離ですから、どこかに何かの工夫があるのではないかとは思っていましたけど。
夜の予約は18時30分か、21時00分のどちらかで、21時00分の場合は、ラストオーダーが22時00分になります。
でもドルチェは何時まででも頼めて、お店はお客さんが帰るまで営業されるそうです。
お洒落で味にも定評のあるレストランを探している方は候補として挙げてみてください。お値段もほどよくデートにもお勧めですが予約は早めにとる必要があります。予約は取りにくいかもしれませんので。
パスタのメニュー
【定番メニュー】
1.新鮮なうにのスパゲティ
2.小柱入りからすみのスパゲティ
3.魚介入りトマトソーススパゲティ
4.海老、イカ、帆立のバジリコ風味 ラグーソーススパゲティ
5.本日のお魚とフレッシュトマトのスパゲティ ローズマリー風味
6.車海老のトマトソースリングイネ
7.揚げジャコのせ、アンチョビ、イカ入り カリフラワーソーススパゲティ
8.揚げナス入りトマトソーススパゲティ ノルマ風
9.カルボナーラスパゲティ
10.かにのリングイネ
11.ブカティーニ、アマトリチャーナソース
12.ゴルゴンゾーラチーズ又は辛いトマトソース又は娼婦風のペンネ
13.いろいろ野菜のにんにくアンチョビソーススパゲティ
【おすすめメニュー】
14.自家製ソーセージとポルチーニ茸のスパゲティ
15.ずわいがに、あじさいねぎ、からすみのアーリオ・オーリオ
16.海老入りジェノヴァ風バジルペーストソーススパゲティ
17.本日のお魚(真鯛)とフレッシュトマトのスパゲティ
18.すりごまといろいろ野菜のアーリオ・オーリオスパゲティ
19.プッタルガ(からすみと素上げ茸入り娼婦風スパゲティ)
20.いろいろ野菜の唐辛子入りピリ辛トンナレッリ
21.ポルチーニ茸のリゾット
22.ゴルゴンゾーラチーズのリゾット
(季節によって変動があります)
パスタを選んだらソースを決めますが、ソースは8種類の中から。
1.スモークサーモン、エリンギ、ほうれん草の生クリームソース
2.小柱入りクリームソース
3.生ハム、グリーンピース入り生クリームソース
4.松の実入りゴルゴンゾーラソース
5.ボロネーゼソース
6.セージ入りバターソース
7.モッツアレラチーズ又はゴルゴンゾーラチーズ入りトマトソース
8.鶏白レバームース

ラベットラ銀座の3つ目とラベットラ名古屋

ドルチェ・ラベットラ、Dolce La BETTOLA、
住所は東京都中央区銀座2-14-20で、連絡は03-3543-5657 休日は日曜日と月曜日
営業時間は11:00〜19:00
銀座に展開するラベットラ銀座3店舗の一つで、地下鉄有楽町線の新富町駅なら2番出口が近く歩いて4分くらい。有楽町線銀座一丁目駅なら9番出口から歩いて5分くらいです。
ドルチェラベットラはデザート専門のお店で、デザートはお店の中でもいただけますが、テイクアウトが主体です。
プリンにはどっしりとした存在感感があります。ティラミスにはティラミスロール1,050円やフォカッチャなども人気です。予約には注意です。ドルチェラベットラも売り切れが早いですから。
プリン・350円、ティラミス・380円、フォカッチャ・450円の他に季節のフルーツのタルトなど8、9種類あります。
ラベットラで銀座から離れたお店は、名古屋だけです。
ラベットラ名古屋、La BETTOLA da Ochiai NAGOYA、ラベットラ・ダ・オチアイ・ナゴヤ
住所は名古屋市千種区高見2-9-17で、予約は052-759-5030 休日は月曜日と第1・3日曜日。
落合氏が銀座以外で出店しているお店としてはここだけで、名古屋セントラルガーデンにあります。
ランチは前菜とパスタ1品づつで1,890円のほか、2,940円では前菜とパスタ1品づつにメイン1品がつきます。
ディナーは3,990円で前菜、パスタ、メインの1品づつ。7,140円では前菜、パスタを2品づつとドルチェコーヒーがつきます。
予約はこちらも混んでいて電話がかかりにくいことさえあるようです。予約方法は2種類あって、ランチは1・朝10時から店頭で並ぶ。2・奇数月の第三土曜日に、電話で予約。携帯はやめた方が良いようです。

Copyright © 2007 ラベットラ落合のメニューと予約、銀座、名古屋